menu

買い物に恐ろしい陰

過度な買い物

医師に相談する人

衣類やバッグ、または時計と色んなものを購入することが大好きという人は大勢います。購入するんにしても、予算を考えてから行わないと生活に影響が出てきますので注意が必要です。ですが、世の中には後先考えずに好きなモノを好きなだけ、お金がなくなれば借金をしてでも購入をするとなると大変です。こういった買い物をするという人は、買い物依存症という依存症になっています。買い物依存症というのは正式な診断名とは言われていませんが、わかりやすいこともあって、一般的にはこの名称で呼ばれています。買い物依存症は物欲、怒りや悲しみといった感情を発散させるために買い物をしているとう人が多いのです。この依存症は女性に多く見られていて、所持金やクレジットカードの利用枠を限界まで使って、また買い物をしたくなると借金だけでなく私生活に制限を掛けることがあります。私生活の制限というと食費を削るということが多いです。

男性にもある

物欲は女性だけでなく男性にもあります。もちろん買い物依存症も珍しいことに男性にもあります。男性の買い物依存症は女性と同じようにファッションアイテムの購入もあるのですが、人によってはもっと高い買い物をします。それは車やバイクといったものです。これらはローンの関係でスムーズにいかないこともありますが、酷いものだと何箇所かでローン契約をして高級車を何台も購入したということもあります。こうなると高額な支払いに長年頭を悩まされ続けられてしまいます。家庭持ちとなると、自分だけでなく大事な家族にも苦労させる事になります。

早めに治療をする

買い物依存症は感情の発散、または抑うつのためにやるということが殆どです。こう聞くと精神科での治療のみ、ということだろうと思いますが念の為に脳外科で検査をしてもらうことが必要になってくることがあります。実は買い物依存症には脳から出るドーパミンが関係しているということもあって、このことが言われいます。精神科での治療はカウンセリングがメインになっていて、買い物依存症専用の科もあります。こういった治療科を利用して、早く解決できるようにすると良いでしょう。