menu

酷くなる前に治したい

多くの人が知っている

顔を覆う人

ドキュメンタリー番組や医学番組と色んな特番から、多くのひとが様々な依存症があることを把握しています。そんな依存症の中でも多くの人が知っているものがギャンブル依存症です。パチンコやスロットといったものだけでなく、競馬や競輪そして競艇というものを止める事ができない依存症になっています。これらを楽しむためにはお金が必要になってきますが、そのお金を消費者金融やサラ金、ヤミ金というところから借金をしてまで楽しもうとすることが殆どです。ギャンブル依存症はお金の問題だけでなく、ギャンブルをする場所にまで入り浸るようにもなってしまい、私生活だけでなく仕事にも大きな影響が出ています。また、借金となると自分だけでなく家族にも大きな迷惑を掛けてしまいますので、ろくなことがありません。

酷いと入院が必要

ギャンブル依存症も精神科での治療が必要となってきますが、症状が酷いものだと入院をして徹底的に治療をしていくことが必要になってきます。パチンコ屋や競馬場と今まで行っていた場所に行けなくなってしまうので、はじめは大変な治療になります。入院となると入院費が掛かるだけでなく、仕事にも影響が出てくるので自覚や疑い、周りから指摘された時点で精神科へ相談に行くと良いでしょう。もしどういったことを自覚した時に行ったほうが良いのかわからない場合ですが、これは無料診断を使うことです。無料だからと信用しない人もいますが、これは馬鹿には出来ないものです。また軽い症状であった場合には週に1~2回、もしくは月に数回の定期通院での診察と治療になります。治療は投薬治療になっていますが、人によっては投薬治療ではなく治療プログラムというものに添っての治療をして行くjこともあります。治療プログラムの内容も人それぞれになっていますので、これは医師との相談で決められています。